山陰・鳥取県 日南町。井上靖や松本清張とゆかりの深い<<文学の町>>。日野川源流と高原特有の気候に恵まれた<<特産品の町>>。町の90%が森の<<林業の町>>。
大石見神社(おおいわみじんじゃ)
 
大国主2度目の復活の地と言い伝えられる神社
読み込み中
大石見神社
大石見神社
大石見神社
大石見神社

大国主2度目の復活の地であり、再生復活のパワースポットとして紹介されています。

大名牟遅(大国主の命)は南部町の赤猪岩神社での復活の後、腹違いの兄・八十神の命の嫉妬が和らぐのを大倉山(大蔵山)の麓にて隠れ逃れたとも、また八十神の命に謀られ落命するが、母神の助けにより二度目の復活をしたとも言い伝えられます。

また、境内には樹齢約600年の「オハツキタイコイチョウ」(鳥取県指定天然記念物)があり、これは種子が葉の表面に組になって実るという、全国的に見ても珍しいものです。

神紋は「亀甲の中に三つ葉柏」を表現しています。柏の葉は春の新芽が出るのを見届けるまで落葉しないことから「復活」にも無縁ではありません。

交通 生山より県道8号線を道なりに15分。JR上石見駅より徒歩5分。
住所 鳥取県日野郡日南町上石見819
電話番号 0859-83-1113

より大きな地図で 大石見神社 を表示

当サイトについてサイトマップリンク集
このページのトップへ