山陰・鳥取県 日南町。井上靖や松本清張とゆかりの深い<<文学の町>>。日野川源流と高原特有の気候に恵まれた<<特産品の町>>。町の90%が森の<<林業の町>>。
聖滝(ひじりだき)
 
神話に彩られる聖なる滝
読み込み中
写真01の説明文
写真01の説明文
写真02の説明文
写真03の説明文
 まるで人が入ってくるのを拒むように覆い立つ杉林。神話に彩られる聖なる滝へ続く深い森からも、どこか神秘的な雰囲気が漂います。人の手を介さずに作り出された自然のありのままの姿は、見る人に安らぎを与えてくれます。滝へと続く道の途中でも、滝からの流れは様々な表情を見せてくれます。
 
 〜聖滝の伝説〜
 この滝の上流には、はるかいにしえの世に天の国があり、天之御影神(あめのみかげのかみ)がお住まいになり、磐長姫(いわながひめ) と木花咲耶姫(このはなさくやひめ)のそれはそれは美しい姉妹が暮らしていたという言い伝えが残っています。ご姉妹は青垣山の原(今の呼子高原)で仲良くお過ごしののち、木花咲耶姫が倭国(やまとのくに)の国王、瓊々杵命(ににぎのみこと)にみそめられ、この滝の前で結婚の儀がめでたく行われたと言われています。
 それから人々はこの滝を聖なる滝、「聖滝」と呼び、今日までこの地を霊験あらたかな地として崇めてきました。なお、姉の磐長姫は、この下手にある菅沢神社の祭神となっています。

 菅沢ダムから日南湖沿いの国道180号線を北上し、菅沢神社を過ぎた所で左折し県道48号線へ入ります。約700m行くと県道の左側に滝の写真と説明板が設置されていて、駐車することができます。ここから約1km、秋原川沿いの遊歩道を歩いて行くと、「聖滝」を見ることができます。
住所 鳥取県日野郡日南町菅沢
駐車場 あり

より大きな地図で 聖滝 を表示

当サイトについてサイトマップリンク集
このページのトップへ