サイト内検索
鳥取県西部のお天気地域活動情報ケーブルテレビ町営バス路線図町営バス時刻表

日南町土砂災害ハザードマップ
 
土砂災害警戒区域、避難場所、避難経路、気象情報等の入手方法などを示した防災マップです。
土砂災害警戒区域
 土砂災害警戒区域等とは、土砂災害から国民の生命を守るため、土砂災害のおそれのある区域についての危険の周知、警戒避難体制の整備、特定の開発や住宅等の新規立地の抑制等のソフト対策を推進することを目的として制定された「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年5月8日法律第57号)」(以下、土砂災害防止法という)に基づき指定される「土砂災害警戒区域(イエロー区域)」及び「土砂災害特別警戒区域(レッド区域)」のことです。

 「土砂災害警戒区域(イエロー区域)」は、土砂災害のおそれがある区域であり、崖崩れや土石流などの土砂災害が発生した場合には、住民等の生命又は身体に危害が生じるおそれのあると認められる土地の区域です。土砂災害が発生した際に、崩れた土砂や流出した土砂が到達するおそれのある範囲を地形や過去の災害統計データに基づき調査を行い、区域指定を行っています。

 「土砂災害特別警戒区域(レッド区域)」は、イエロー区域のうち、土砂災害が発生した場合には、建築物に損壊が生じ住民の生命又は身体に著しい危害が生じるおそれがあると認められる土地の区域です。土砂災害が発生した際に、崩れた土砂や流出した土砂の衝撃や堆積土圧によって一般的な住宅が損壊する範囲を地形や過去の災害統計データに加えて、目視による地質調査や国等の基準に基づき調査を行い、区域設定を行っています(現在、町内での調査は終了していますが、区域の指定はこれからです)。

土砂災害警戒区域を表示したハザードマップは、以下の通り、地域ごとに掲載しています。
2014年09月10日---

2014年09月10日---

2014年09月10日---

2014年09月10日---

2014年09月10日---

2016年02月12日---

2014年09月10日---

土砂災害危険箇所

 土砂災害危険箇所とは、国土交通省(当時は建設省)の調査要領・点検要領により都道府県が実施した調査で判明した、土石流、地すべり、急傾斜地の崩壊が発生するおそれのある箇所です。

それぞれ、「土石流危険渓流箇所」、「地すべり危険箇所」、「急傾斜地崩壊危険箇所」と言います。

 土砂災害危険箇所は、法に基づき指定される区域(地すべり防止区域や急傾斜地崩壊危険区域など)とは異なり、調査結果を周知することで、自主避難の判断や市町村の行う警戒避難体制の確立に役立てていただくことを目的としています。


●土石流危険渓流箇所

土石流被害をもたらす恐れのある渓流を土石流危険渓流といいます。

●地すべり危険箇所

地形図や過去の災害履歴などから判断して地すべりが発生する可能性があり、人家、河川、鉄道、官公署に被害を生ずる恐れのあるところをいいます。

●急傾斜地崩壊危険箇所

がけ崩れにより人的災害を起こす危険のある所を急傾斜地崩壊危険箇所といいます。

町内の土砂災害危険個所を調べるには、以下のサイトをご活用ください(外部リンク)。

  「とっとりWEBマップ」で「防災情報」を選択してください。


当サイトについてサイトマップリンク集
このページのトップへ